土岐胤倫公の墓

土岐胤倫公の墓 龍ケ崎城の土岐胤倫(ときたねとも)は、豊臣秀吉の小田原攻めの際に北条氏の傘下にあったため、豊臣方の攻撃を受けて天正18年(1590)敗れた江戸崎城の兄土岐治綱とともに没落の運命をたどった。

墓は横町の大統寺の墓地内にある。

大統寺の地図